白い歯

当院では、歯をきれいにしたいとご希望の方にはさまざまな選択肢をご用意しております。

今入っている金属を白くしたい、色が気になるという方はご相談ください。

比較的小さな虫歯や穴にはレジンまたはインレーという一部の詰めものの処置を、大きな穴や審美修復を主目的とする治療にはクラウンという被せものの処置を行います。

小さい虫歯で使用できるレジンという材料は保険内で治療できます。

詳しくは虫歯:レジン充填をご覧ください。

当院では、状況に応じて保険のものから自費のものまで、各種ご対応が可能です。

ご希望やご不明な点がございましたら、どうぞご遠慮なくご相談ください。

詰めもの(インレー)

セラミックインレー

セラミックの詰めもの

奥歯の噛み合わせが含まれる部分の修復に用いられる、天然歯に近い色艶のセラミック素材の詰めものをセラミックインレーといいます。

当院のセラミックインレーにはe.max(Eマックス)という素材を使用しています。

Eマックスインレーとは

Eマックスとは、人工歯製造会社として約100年の長い歴史のあるスイスのイボクラービバデント社により開発された、ニケイ酸リチウムガラスを主成分とする次世代のガラス系オールセラミックシステムです。

Eマックスインレーはこのシステムにより作成されたセラミック製の詰めものをいいます。

丈夫で弾性があり、曲げ強度も十分という素材の特性から、ものを噛むのに使われる奥歯に最適なインレーとして人気があります。

金属を一切使わないため審美的にも優れており、金属アレルギーの心配がある方にもおすすめなインレーです。

ゴールドインレー

金の詰めもの

ゴールドインレーは金色をした金素材の詰めものです。

適度に柔らかい金の特性により、詰めた境目の歯質に滑らかに移行するように馴染みむことで清掃性がよく虫歯になりにくいこと、噛み合わせの歯にも優しいことがメリットです。

セラミック素材よりも厚みがなくても十分な強度が維持できるので、歯質の切削量が少なくて済むこともメリットといえるでしょう。

保険のインレー(金銀パラジウム合金)

銀色の詰めもの

金銀パラジウム合金インレーは保険治療用に開発された金銀パラジウム合金製の銀色をした詰めもので、治療には保険がききます。

歯の機能の回復という観点からはよい材料なのですが、詰める場所によっては金属色(銀色)がチラチラと見えて悪目立ちしてしまうこともあります。

金属アレルギーの心配がある方には不向きな材料です。

被せもの(クラウン)

セラミッククラウン

セラミック製の被せもの

セラミッククラウンは、自然な色味と透明感とを兼ね備えた、まるで天然歯のような美しい歯をご希望の方におすすめの被せものです。

セラミッククラウン治療では、歯の外周を一層削って土台にしたところにセラミック製の被せものをすることで、歯の色や形、歯並びを美しくすることができます。

歯の根っこしか残っていないような歯、一本だけ変色してしまっている歯、大きさが不揃いな歯、歯と歯の間に隙間がある、歯並びが悪いなど、多くのケースに対応が可能です。

金属を一切使用しないため、金属アレルギーの心配のある方にもおすすめな材料です。

素材としては、ジルコニアやe.max(Eマックス)セラミックを使用しています。

ジルコニアクラウン

人工ダイヤモンドとして知られるジルコニアは、医療分野では人工関節に使われるほどに体に馴染みやすい素材で、その硬度から工業用品や包丁などの日用品にも幅広く使われている材料です。

自然な透明感と白さとをあわせ持つ歯にすることができるので、審美的な治療に使われることが多い素材ですが、硬度があるので、噛み合わせる力が強い方の奥歯にも使用することができるというメリットがあります。

長年の使用でも変色することがなく、強度もあります。

e.max(Eマックス)クラウン

e.max(Eマックス)は、イボクラービバデント社が開発した次世代のオールセラミックシステムです。

Eマックスクラウンは従来のオールセラミッククラウンよりも天然歯に近い透明感と美しさの再現が可能で、全体の曲げ強度にも優れ、丈夫で長持ちします。

天然歯とほぼ同じ硬さなので噛み合わせの歯にも優しく、歯を長持ちさせるのにもよい素材です。

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウン

メタルボンドクラウンとは、土台に被せる金属製のパーツの外側に歯の色を再現したセラミック素材を張り付けたクラウンです。

金属を部分的に使用しますが、日常生活で見えるところは白くなります。

お口の中に他の歯と並んでしまうとほとんど気になることはないレベルなのですが、作成の際に内面のキャップ部分に使用されている金属色を隠すために不透明感のある色味を一層のせるので、セラミッククラウンと比べると透明感が若干劣ります。

ですが、メタルボンドクラウンの技術には審美歯科を牽引してきた長い歴史と信頼があり、歯への適合性も高いので、まだまだ多く使われている素材です。

ゴールドクラウン

金の被せもの

ゴールドクラウンはクラウン(冠)の全てが金素材で出来た、奥歯専用の被せものです。

金は適度に柔らかいので歯質への馴染みがよく適合性に優れており、また、硬すぎないことで噛み合わせの歯に優しいのがメリットです。また、セラミック素材に比べてクラウン自体を薄く製作できるので、土台となる歯を削る量が少なくて済むこともメリットといえるでしょう。

ゴールドクラウンの金色が気にならない方には、おすすめの素材です。

保険のクラウン(金銀パラジウム合金)

銀色の被せもの

金銀パラジウム合金クラウンは、保険が適用されることで比較的安価に入れることが出来る、奥歯の形をした金属製の銀色の被せものでです。

これにより再び、奥歯の「噛む」という機能を取り戻すことが出来るのですが、金属色が気になる方や金属アレルギーが心配な方には、他の素材の被せものの検討をおすすめします。

不適切なブラッシングなどが原因で周りの歯ぐきが良好でない状態が続いてしまうと、治療したところがまた虫歯になる危険があるので要注意です。

診療時間診療時間 9:00~13:00 / 14:30~19:00
休診日 日曜/水曜/祝日

診療室
お気軽にお問い合わせ・ご相談ください
072-727-6772

診療時間 9:00~13:00 / 14:30~19:00
休診日 日曜/水曜/祝日

〒562-0031 大阪府箕面市小野原東5-1-22

  • 土足OK/スロープ設置
  • 駐車場5台完備
  • 滅菌感染対策
  • 急患OK/各保険取扱い
  • キッズスペースあり

電車/バスでお越しの方

  • 阪急千里線「北千里駅」/
    地下鉄御堂筋線(北大阪急行線)「千里中央駅」より
    バス「小野原南」停留所下車 徒歩3分
  • 大阪モノレール彩都線
    「阪大病院前駅」「豊川駅」利用

車でお越しの方

  • 大阪府道2号大阪中央環状線
    「千里インター」より10分
  • 名神高速道路・中国自動車道・近畿自動車道
    「吹田インター」より15分
  • 名神高速道路「茨木インター」より15分